女性育毛剤 無添加薬用 敏感肌も安心・大丈夫!

女性育毛剤の中でも敏感肌や乾燥肌に悩んでいるかたでも安心してお使いいただける無添加薬用女性育毛剤を調べました。年配の私でも3ヶ月めで抜け毛が減りました。結果が出ています。若いときのような髪を取り戻すこと諦めないでほしいです。育毛剤だけに頼らない日々の過ごし方もお知らせいたします。

*

びまん性脱毛症を防ぐには

      2015/08/21

ヘアサイクルが乱れると新しい毛が生えてこないので薄毛になります。女性の薄毛で一番多い「びまん性脱毛」の原因は、ヘアサイクルの乱れです。

びまん性脱毛症のケア
(1)体内のバランスを整える
女性ホルモンは、加齢によってバランスが保たれずヘアサイクルを乱します。若い人でも不規則な生活やストレス、睡眠不足、喫煙、過度のダイエット、ストレスなどによっても女性ホルモンのバランスは崩れてしまい、ヘアサイクルに影響をもたらします。
ダイエットや睡眠不足、血行不良の状態は、健康な髪の毛を育てる栄養成分が、毛根に届かず、髪が育たないことがあります。体内のバランスは大切です。日常の生活習慣を見直していきましょう。

(2)頭皮環境を整える
洗髪時に、すすぎが不十分で頭皮に汚れやシャンプーが残っていたりしても頭皮にはよくありません。また刺激の強いシャンプーや、毛染め・パーマによる頭皮への刺激も頭皮環境が悪化しがちです。
髪の毛は、頭皮の毛根にある「毛球部」で細胞を増やしながら成長します。「毛球部」には、「毛乳頭」や「毛母細胞」があり、髪の毛の源の「毛母細胞」が、「毛乳頭」から栄養を送られて髪の毛を成長させています。
そのため、頭皮環境が悪化すると この栄養を届けるラインが働かず、髪の毛は十分に育ちません。びまん性脱毛症を防ごうと思ったら ヘアサイクルを正しくすることと頭皮の環境を整えることが大切です。

 

 - 頭皮のケア