女性育毛剤 無添加薬用 敏感肌も安心・大丈夫!

女性育毛剤の中でも敏感肌や乾燥肌に悩んでいるかたでも安心してお使いいただける無添加薬用女性育毛剤を調べました。年配の私でも3ヶ月めで抜け毛が減りました。結果が出ています。若いときのような髪を取り戻すこと諦めないでほしいです。育毛剤だけに頼らない日々の過ごし方もお知らせいたします。

*

20代女性の抜け毛・薄毛 原因と対策

      2015/08/27

若年性脱毛症が増えている
薄毛・抜け毛は更年期からの女性の症状だったのですが 最近は20代~30代の女性が薄毛に悩んでいるらしいですね。「抜け毛」は一般的に 頭皮や毛母細胞の老化によって起こるのですが、20代~30代の薄毛・抜け毛は、「若年性脱毛症」です。誰にでも起こる可能性があるので突然症状が現れると悲しくて目の前が真っ暗になります。原因と対処法を知っておくことが予防となりますね。

若年性脱毛症のメカニズム
20代~30代の薄毛・抜け毛の原因は、ヘアサイクル(抜けては生える 繰り返しの周期を)が正しく機能なくなっているからです。ヘアサイクルが乱れると、まだ抜ける時期ではない毛が早めに抜けてしまったり、毛自体が痩せてしまったり、1つの毛穴から生えてくる毛の本数が減ったりします。そのため、全体的に髪のボリュームがなくなるのです。小サイズ 髪

若年性脱毛症の原因と対処法
若い世代の薄毛・抜け毛の原因の1つに、まちがったダイエット(とにかく食べる量を減らす)の影響があります。美しく健康な髪の毛を維持するには、女性ホルモンのバランスが整っていなければなりません。女性ホルモンのひとつであるエストロゲンは、髪の毛を成長させるのに重要な働きをしています。エストロゲンが減ると髪の成長がうまく行かなくなります。
また、健康で美しい髪をつくるためには十分な栄養が必要です。理由はダイエットだけではありませんが、栄養バランスが乱れたり不足すると、若くても薄毛や抜け毛になります。

適度な運動と栄養を考えた食事によるダイエットであれば問題はないのですが、若い人はとにかく細くなりたいと必要な栄養分まで取らない人が多いです。これでは栄養バランスやホルモンバランスが乱れてしまいますし、自律神経の乱れやストレスを招くことにもなります。

自律神経が乱れると血流が悪くなり、頭皮と髪に栄養が充分行きわたらなくなるため、ヘアサイクルが乱れてしまいます。バランスのよい食生活を心がけてください。

パーマやヘアカラーが及ぼす髪へのダメージ
ヘアカラーやパーマもおしゃれにはかかせませんが 髪にとってはストレスなのです。毛根を傷つけたり頭皮を傷めたりする可能性が高いので、2ヶ月以上の間隔をあけるようにしてください。スタイリング剤も頭皮に刺激を与えます。毛根や頭皮へのダメージは髪の健康な成長を阻害するため、ヘアサイクルを乱す原因になるのです。

シャンプーについて
頭皮は顔の皮膚と似た性質を持っています。顔を洗うのと同じようにやさしく洗髪しましょう。シャンプーの選び方も大事です。頭皮は弱酸性なので、シャンプーも弱酸性のものなどを選ぶと刺激が少なくて良いでしょう。

弱酸性のシャンプー

 - シャンプー, 薄毛対策, 頭皮のケア , ,