女性育毛剤 無添加薬用 敏感肌も安心・大丈夫!

女性育毛剤の中でも敏感肌や乾燥肌に悩んでいるかたでも安心してお使いいただける無添加薬用女性育毛剤を調べました。年配の私でも3ヶ月めで抜け毛が減りました。結果が出ています。若いときのような髪を取り戻すこと諦めないでほしいです。育毛剤だけに頼らない日々の過ごし方もお知らせいたします。

*

薄毛です。シャンプーは毎日してもいいの?

   

結論から言うと毎日シャンプーで洗うとかえって薄毛を招きます。頭皮や皮膚を守る常在菌までなくしてしまうからです。
日本人は清潔好きなので 抗菌、除菌、消臭グッズがいたるところにあふれています。でもこの抗菌社会が新しい病気を生み出しているんです。私達が洗えば洗うほど「洗いすぎて汚く」なってしまうのです。
私達の体はいろいろな微生物で守られていて、皮膚には表皮ブドウ球菌などの10種類以上の「常在菌」が存在しています。「常在菌」は私達の皮膚を守り、きれいな肌を保ってくれます。 常在菌が皮膚の脂肪をえさにして「脂肪酸」という膜を作って皮膚を守ります。この酸性の膜がアレルギーのもとになる物質や悪い菌が皮膚に入り込むのをはね返します。また皮膚内の水分の蒸発も防ぎます。肌を洗いすぎると常在菌まで洗い流すので皮膚の角質層が乱れてアレルギーのもとが進入したりアトピー性皮膚炎になったり、乾燥肌になってしまいます。
石鹸で体を洗うと90%の常在菌が失われます。若い人は12時間で元に戻りますが 中高年は20時間かかるのです。若い人でお風呂で石鹸を使って洗ってもいいのは1日1回です。2回も洗うと慢性的に乾燥した不安定な肌になります。中高年は毎日お風呂に入っても石鹸をつけて体を洗うのは2日に1回。60歳以上は2~3日に1回石鹸を使うといいみたいです。お風呂に入るのは血行も良くなるし気分もサッパリするので良いのですが 石鹸を使ってゴシゴシと洗うのは回数を守っていただくと肌の調子はよくなります。

皮膚も頭皮も構造は同じです。洗髪は2日に1回にするか、シャンプーをつけずにお湯だけで洗うと驚くほど髪の調子が良くなります。自然の艶で髪が潤ってきます。ニオイが気になるのではと心配される方はお休みの前日のシャンプーをお湯で洗うだけの洗髪に切り替えてみてください。髪の嫌なニオイは 頭皮が乾燥して荒れている時に 出すぎた皮脂が酸化匂います。健康な頭皮や髪は匂いません。

頭皮を守るバリアをはがして洗うような刺激の強いシャンプーは控えて弱酸性のアミノ酸入りのシャンプーなどがお勧めです。

 - シャンプー, 薄毛対策, 頭皮のケア