女性育毛剤 無添加薬用 敏感肌も安心・大丈夫!

女性育毛剤の中でも敏感肌や乾燥肌に悩んでいるかたでも安心してお使いいただける無添加薬用女性育毛剤を調べました。年配の私でも3ヶ月めで抜け毛が減りました。結果が出ています。若いときのような髪を取り戻すこと諦めないでほしいです。育毛剤だけに頼らない日々の過ごし方もお知らせいたします。

*

育毛剤使用中のパーマ・ヘアカラー

   

育毛剤使用中はパーマやヘアカラーはどれくらいの頻度なら頭皮に負担がかからないのでしょう?
パーマやヘアカラーは美容のために髪の構造に逆らっているので髪にはダメージが起きてしまいます。髪が傷むだけでなく、頭皮に液がつくので地肌にも負担がかかります。
でもパーマもカラーもせずに自然のままだと 女子力が下がるどころではなく、野暮ったくなっておしゃれができません。
髪の毛や頭皮にとってダメージが少ない順に示してみました。

ヘアマニキュア ⇒ パーマ ⇒ ヘアカラー ⇒ 縮毛矯正 ⇒ ブリーチ

髪の毛のためにも頭皮のためにも それぞれの技術を知っておきましょう。
ヘアマニキュア
髪の内部ではなく表面のキューティクルに薬剤がつくだけなのですぐに落ちていく。髪の傷みや頭皮への負担も少なくなる。

パーマ
髪の毛の表面のキューティクルをはがし、内部の繊維を薬剤でいったん切断してロットなどを巻いた後、再度、強力な別の薬剤で再結合させたもの。なるべく回数を減らす。

ヘアカラー
色落ちがなく1~2か月間色持ちする染毛剤は一番ダメージが大きい。アルカリ性製品の方が酸性製品よりも染毛効果が高く、髪の損傷も大きい。白髪染めもヘアカラーに含まれる。

縮毛矯正
縮毛矯正は薬剤と熱による刺激を加えるので、髪の毛や頭皮へのダメージが大きくなる。長期間、縮毛矯正を繰り返し行った人は、後半、抜け毛の量が多くなったというケースも多い。なるべく間隔をあけること。

ブリーチ
髪の毛の色を抜くブリーチもヘアカラーの一つ。これは髪の色を作るメラニン色素を脱色することで髪の色を明るくするもの。髪や頭皮にかかる負担はかなり大きいといえる。頻繁に行うのは避けた方がいい。

育毛剤を使って改善を図っている場合は 思い切ってショートカットにして もし白髪があればマニキュアを使うなどして パーマ、ヘアカラーを止めて、とにかく髪や頭皮の負担を小さくして 薄毛や脱毛を改善することを第一に考えると育毛剤の効果が出るのではないでしょうか。

 

 - 薄毛対策, 頭皮のケア , ,