女性育毛剤 無添加薬用 敏感肌も安心・大丈夫!

女性育毛剤の中でも敏感肌や乾燥肌に悩んでいるかたでも安心してお使いいただける無添加薬用女性育毛剤を調べました。年配の私でも3ヶ月めで抜け毛が減りました。結果が出ています。若いときのような髪を取り戻すこと諦めないでほしいです。育毛剤だけに頼らない日々の過ごし方もお知らせいたします。

*

抜け毛対策 紫外線から頭皮を守る

   

「抜け毛対策」はいろいろありますが、一番効果的なのは「頭皮ケア」です。抜け毛が多いのは9月から10月にかけてです。紫外線のピークは8月ですが、4月から紫外線が強くなり始めます。

紫外線対策として真っ先に思い浮かぶのは、サングラスや日焼け止めでしょうが、髪の毛に悩んでいる人は絶対に忘れてはいけないのが 抜け毛対策などの頭皮ケアです。C150710_004

リアップなどを販売している大正製薬によると、洗髪時の抜け毛は、9月が最も多くて4日間で約250本。たった1回の洗髪で60本以上も抜け落ちてしまうのです。最も抜け毛が少ない5、6月は半分以下になります。何でそんなに差が出るのかと言えば、紫外線の量が影響するらしいです。

「紫外線が一番強いのは8月です。しかも暑く、頭皮が蒸れやすいので、毛穴に汗やごみがたまりやすい。紫外線のダメージや毛穴の環境悪化が重なって、毛根の状態が悪化。それが積もり積もって、9月に抜け毛が最も多くなるわけです。その悪い流れを断ち切るために、抜け毛対策は春頃から手を打つのが大切なのです」(大正製薬広報担当者)

抜け毛対策の一番は、じりじりと紫外線のダメージを受けた頭皮ケアなのです。ヘアケアシャンプーなどで爪を立てずに優しく洗って 汚れをしっかり落としてから 育毛剤や発毛剤を使うと効果があります。

女性は年齢を重ねるごとに頭皮の皮脂量が減るので、この時季の抜け毛対策として、シャンプーの回数をあまり増やさないようにして その他の方法で清潔を保つようにしたいですね。水シャワーや塩洗髪などは本当におすすめです。

水シャワーで薄毛回復

塩洗髪で抜け毛を減らす

 - 薄毛対策, 頭皮のケア , ,